核酸機能構造のイメージング

核酸機能構造のイメージング
2006年6月20日更新


写真は,緑色蛍光を放つ蛋白質 (GFP) と,青色蛍光を放つ蛋白質 (BFP) とをバクテリアに同時合成させた後の細胞抽出物を蛍光観察した結果です.遺伝子組み換え技術を用いてGFPおよびBFPの遺伝子をバクテリアに導入しました.

ここで,GFP合成量とBFP合成量とは,DNAに組み込まれた制御配列で調節されています.この制御配列を交換することによって,細胞の色を緑色から青緑色まで変えることができます.

複数の蛋白質をバクテリアに作らせる際にこうした技術が利用できるかもしれません.また,細胞内に見つかる様々な制御配列に関して機能を評価する際に,こうした蛍光イメージングが応用できるかもしれません(1)

  1. Determination of the termination efficiency of the transcription terminator using different fluorescent profile in green fluorescent protein mutants
    Takahiko Nojima, Angela C. Lin, Teruo Fujii, and Isao Endo
    Analytical Sciences, Vol. 21, No. 12, December 2005, p1479-p1481
    DOI:10.2116/analsci.21.1479
    PMID:16379390


home > 研究課題 > here