マイクロリアクター内における生体分子操作

マイクロリアクター内における生体分子操作
2006年6月20日更新


これは1997年に理化学研究所で製作した生化学反応用マイクロリアクターです(1).LSIなどの半導体で用いられているシリコン基板の表面に体積1マイクロリットル以下の空間を設けて様々な生化学反応を試みました(2)

その一例が無細胞蛋白質合成反応でした(3).これは蛋白質合成反応に必要な成分を細胞から抽出し,再びこのリアクター内で組み合わせ,人工的に蛋白質合成反応を進めるという試みでした.種々の条件検討を行った結果,種々の遺伝子から蛋白質を合成する反応を,この微小空間で行うことができました.これはマイクロリアクター内における無細胞蛋白質合成反応に成功した,世界で最初の例となりました(4)

医療検査やバイオテクノロジー研究で用いられるサンプルの多くは,極少量しか得られない場合が珍しくありません.そのため,限られた量のサンプルを確実に取り扱う技術が必要です.また,長時間の加熱に弱いサンプルを素早く取り扱って分析するためにも,マイクロリアクターの応用が求められています.このような需要にマイクロリアクターは応えることができるでしょう.

  1. 早稲田大学理工学部電気・情報生命工学科 庄子習一教授との共同研究
  2. 特許公開平10-337173
  3. Cell-free protein synthesis in a microfabricated reactor
    Takahiko Nojima, Teruo Fujii, Kazuo Hosokawa, Akira Yotsumoto, Shuichi Shoji and Isao Endo
    Bioprocess Engineering, Vol. 22, No. 1, January 2000, p13-p17
    DOI:10.1007/PL00009093
  4. A microfabricated reactor for cell-free protein synthesis
    Teruo Fujii, Kazuo Hosokawa, Takahiko Nojima, Shuichi Shoji, Akira Yotsumoto and Isao Endo
    Proceedings of the 19th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology society, 1997, October 1997, p2572-p2574
    DOI:10.1109/IEMBS.1997.756856


home > 研究課題 > here > next