繰り返し構造を持つテンプレートを用いた無細胞蛋白質合成

繰り返し構造を持つテンプレートを用いた無細胞蛋白質合成
野島 高彦
2008年4月28日更新




DNAをテンプレートとして無細胞的蛋白質合成を行う際,環状プラスミドを用いる場合と,そこからPCRなどで増幅された直鎖状のテンプレートを用いる方法とがあります.それでは直鎖状と環状の間の形として,繰り返し構造を持ったテンプレートの場合にはどのような結果になるだろうか,というようなことを考えてとりくんだのがこの研究です.

遺伝情報をコードした部位が反応溶液中で局所的に集まった状態となり,転写や翻訳にかかわる生体高分子の必要移動距離が短縮され,効率のよい翻訳反応が進むのではないだろうか,ということも考えました.一方,テンプレートDNAの分子長が延びるに従って複雑で絡み合った構造が発生する可能性もあり,この場合には反応効率が低くなることが予想されます.こうした様々な可能性が同時に考えられるので,ひとまず反応をさせてみました.

その結果,テンプレートに繰り返し構造を取らせることによって,直鎖状や環状のテンプレートを用いる場合よりも,翻訳反応の効率が高くなることがわかりました.また,一定長を超えると反応効率が下がって行くこともわかりました.

このメカニズムについてはさらに細かい解析をしなければなりません.そのための研究を進めている段階です.

  1. Cell-free protein synthesis conducted by template DNA with repetitive sequence
    Takahiko Nojima, Hiroshi Kimura and Teruo Fujii
    Chemistry Letters, Vol. 37, No. 6, June 2008, p648-p649
    DOI:10.1246/cl.2008.648


home > 研究課題 > here > next