野島高彦・研究課題

研究課題
野島 高彦
2010年4月1日更新


生体分子には,生命現象を支えるために用いられている非常に興味深い性質があります.たとえばDNAの場合,二本鎖の形成と解離をスムーズに繰り返す性質があります.これは細胞の増殖と深く関係している性質の一つです.

解離して一本鎖になったDNAは,互いにペアを組むべき相手を厳密に見分けることができます.これは遺伝情報を正確に子孫に伝えて行くために非常に重要な性質の一つです.

こうした性質は,生命現象を化学的に理解する際に重要なだけではありません.遺伝子診断や環境生物検査などで用いられる分析技術の基礎でもあります.また,こうした性質を理解し,人工的に模倣することによって,分子レベルでの情報処理機構を開発したり,ナノスケールでの構造体づくりを実現したりできるようになるかもしれません.

こうした可能性を視野に入れつつ,私は生体分子の働きを理解するとともに,生体分子を操作する方法を開発しています.

生体分子を操作するにあたっては様々なレベルからのアプローチが考えられます.
  • 細胞などの試料から生体分子を取り出してくること
  • 生体分子に対して化学的に手を加えること
  • 生体分子を模倣して人工的な化合物をデザインすること
  • 生体分子を取り扱うためのハードウェアを創ること
などです.

ひとつのアプローチは,金属やプラスチックなどで微小反応空間を作り,ここでDNAなどの生体分子を分析する技術を高めることです.こうした技術は生物学フィールドワークや遺伝子診断などの分野で必要とされている技術の一つです.また,まだ理解が進んでいない生体分子の性質を明らかにして行くために求められる分析方法づくりの一環でもあります.


home > here > next