野島高彦・学会発表2010年以降
学会発表2010年以降
野島 高彦
更新: 2015-12-18
Presentations at conferences 2010-
Takahiko NOJIMA
Update: 2015-12-18

  1. Construction of a molecular logic gate inspired by polymerase chain reaction
    Takahiko Nojima
    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), Hawaii, USA, December 15-20, 2015.

  2. Questionnaireの日本語化と共通授業評価アンケートの試み
    赤澤 とし子,福田 宏,小島 佐恵子, 野島 高彦,鈴木 牧彦,高橋 勇
    Moodle Moot 2013,東京家政大学 (東京都板橋区),2013年3月2日(土)-3日(日),登録済み

  3. 蛍光蛋白質の生体外発現を演算レポーターに用いるDNAロジックゲート
    野島 高彦,山本 貴富喜,木村 啓志,藤井 輝夫
    日本化学会第92春季年会,慶應義塾大学日吉キャンパス・矢上キャンパス (神奈川県横浜市),2012年3月25日(日)-28日(水),発表日2012年3月28日(水),演題番号4D3-15

  4. DNA増幅反応と生体外蛋白質合成を組み合わせた分子論理ゲートシステムの構築
    野島 高彦,山本 貴富喜,木村 啓志,藤井 輝夫
    日本化学会第91春季年会,神奈川大学横浜キャンパス (神奈川県横浜市),2011年3月26日(土)-29日(火),発表日2011年3月26日(土),演題番号1B2-46

  5. PCR-based biomolecular logic gate
    Takahiko Nojima, Hiroshi Kimura, Takatoki Yamamoto, Teruo Fujii
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), Hawaii, USA, December 15-20, 2010.

  6. Fluorescent green logic
    野島 高彦,山本 貴富喜,木村 啓志,藤井 輝夫
    第11回生命化学研究会〜生命化学をシステムで捉えたら〜,水上館 (群馬県みなかみ町),2008年11月28日(金)-29日(土),演題番号P10,抄録集p9,ポスター発表

  7. オンデマンド型微量液滴ハンドリングデバイスによるPNAプローブ法を用いたDNA一塩基置換検出の高速化
    金田 祥平,野島 高彦,山本 貴富喜,藤井 輝夫
    第25回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,沖縄県宜野湾市沖縄コンベンションセンター(沖縄県野湾市),2008年10月22日(水)-24日(金),講演番号C4-5,抄録集p629-p632,口頭発表
    Development of a droplet-handling microfluidic device for detecting DNA single-base substitution using peptide nucleic acid probes
    Proceedings of the IEEJ 25th sensor symposium on Sensors, Micromachines and Applied Systems, p629-p632, Shohei Kaneda, Takahiko Nojima, Takatoki Yamamoto, Teruo Fujii
    IEEEJ SMS Symposium on Sensors, Micromachines and Applied Systems, Okinawa, Japan, October 22-24, 2008.

  8. A droplet on demand microfluidic device for detecting DNA single base substitution using PNA probe
    Shohei Kaneda, Takahiko Nojima, Takatoki Yakamoto, Teruo Fujii
    The 12th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (microTAS2008), San diego, California, USA, 2008年 10月12日-16日,演題番号M46A,ポスター発表
    Proceedings of microTAS 2008, p176-p178

  9. 同一遺伝子を繰り返しコードした鋳型DNAからの無細胞蛋白質合成
    野島 高彦,木村 啓志,藤井 輝夫
    第57回高分子討論会,大阪市立大学 (大阪府大阪市),2008年9月24日(水)-26日(金),依頼講演,依頼番号490,演題番号2U09,口頭発表
    第57回高分子討論会予稿集 (CD-ROM)Polymer Preprints, Japan, Vol. 57, No. 2, p4843-p4844

  10. 微量液滴ハンドリングデバイスによるPNAプローブ法とRFLP法を用いたDNA一塩基検出
    金田 祥平,野島 高彦,山本 貴富喜,藤井 輝夫
    東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2008「生命科学の広がりにむけて」,東京大学安田講堂/工学部2号館(東京都文京区),2008年9月23日(火),演題番号PC-123,抄録集p86,ポスター発表

  11. PCRに基づく生化学ロジックゲート
    野島 高彦,山本 貴富喜,木村 啓志,藤井 輝夫
    第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,東京工業大学すずかけ台キャンパス (神奈川県横浜市), 2008年9月18日(木)-20日(土),演題番号3A-14,講演要旨集p290,口頭発表

  12. DNA増幅と遺伝子発現にもとづくロジックゲート構築のこころみ
    野島 高彦,山本 貴富喜,木村 啓志,藤井 輝夫
    第17回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 (17th CHEMINAS),九州大学馬出キャンパス (福岡県福岡市),2008年5月20日(火)-21日(水),演題番号SP36,講演要旨集p98,ポスター発表

  13. オンデマンド型液滴ハンドリングデバイスによるPNAプローブ法を用いたDNAの一塩基置換検出
    金田 祥平,野島 高彦,山本 貴富喜,藤井 輝夫
    第17回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 (17th CHEMINAS),九州大学馬出キャンパス (福岡県福岡市),2008年5月20日(火)-21日(水),演題番号SA12,講演要旨集p54,ポスター発表

  14. 繰り返し構造を持つ鋳型DNAからの生体外遺伝子発現
    野島 高彦,木村 啓志,藤井 輝夫
    日本化学会第88春季年会,立教大学 (東京都豊島区),2008年3月26日(水)-30日(日),演題番号4A4-33,口頭発表

  15. 繰り返し配列を持つDNAを鋳型とする無細胞蛋白質合成
    野島 高彦,木村 啓志,藤井 輝夫
    第10回生命化学研究会シンポジウム・熊本(2008),熊本大学工学部百周年記念館 (熊本県熊本市),2008年1月11日(金),演題番号P02,講演要旨集p16,ポスター発表


home > 学会発表一覧 > 1990-2000 > 2001 > 2002 > 2003 > 2004 > 2005 > 2006 > 2007 > 2008 > 2010-